ランドセル選びで子供と意見が合わなかった場合は?

小学校の入学準備の大物と言えば、ランドセルや勉強机選びです。「低学年の間はリビング学習する子が多いから、机は入学してから買うと良いよ。」と友人からアドバイスをもらっていたので、我が家ではランドセル選びが入学準備の第一号になりました。

きっかけは、子どもの幼稚園のPTA活動中に、年長さんのお母さんからランドセルの展示会に行った話を聞いたことです。「県内に店舗が無いメーカーだけど、そこのランドセルが良いと聞いて。

色々な所で展示会を開催しているから近くに来たタイミングで見に行って決めたの。」。年々ランドセル商戦の時期が早まっていることをテレビで見てはいましたが、1学期中にランドセルを決めたご家庭が実際にあると知って、軽いショックを覚えました。我が子は年中さんで、まだ時間に余裕はあります。

しかし、もしランドセルの購入が、算数セットを始め数々の入学準備の名前書きの一仕事と重なったり、転勤と重なったりしたら…と考えると、のんびりしてはいられませんでした。即刻心の中でランドセル・プロジェクトが立ち上がったのです。

ちょうどその頃、天の助けともいうべき電話が実家の母から入りました。「まだ早いけど今度のお誕生日に、小学校の入学祝いも一緒に送ろうかとお父さんと話していたの。」と言われて、大変ありがたかったです。

後で届いたお祝いはランドセルの予算として自分が考えていた金額以上のもので、「ランドセルを買うね。」と電話で子どもからもお礼を伝えると、実家の母も喜んでいました。そばにいた夫に「うちの家から勉強机を頼もうか。」と冗談で言われた時は、すかさず「机は送料がかかるし好みがあるから現金でお願いします!」と返してしまいました。

入学準備には、文房具や袋類、衣類や靴や雨具と、様々な物を一気に用意しなければならないので、正直なところ2つの大物の資金調達の目途がついて安心しました。

我が家は、高額の買い物は広く情報収集を行い、機能面や金銭面などの条件になるべく合うものを探す、というモットーがあります。入学準備であっても手を抜くことはできませんでした。早速、これはと思ったメーカーからカタログを取り寄せ始めました。

数センチ角のランドセルの皮見本を添付してくださるメーカーもあり、色合いの参考になりました。予算については6年間しっかり使える品質のものを買うべく5万円としました。随分昔に使っていた自分のランドセルは高学年になるにつれて平たくなってしまい、形の良いランドセルを持つクラスメイトを羨ましく思った経験があります。実家の母から、自分のランドセルは決して安物では無かったと聞き、子どものランドセルを探すにあたり改めて丈夫さが必要と考えました。

A4サイズのプリントが入るように、背負った時の肩紐が痛くないようにという点も大切な条件でした。

入学準備で子供と意見が割れてしまった場合は…

後はランドセルを選んで買うだけという段階になって、遅まきながら子どもに欲しいランドセルについて質問してみました。カタログ以外に公式オンラインショップの商品も参考にして、条件に合いそうなランドセル候補を7つに絞ったのです。

黒と赤しかなかったランドセルが、カラフルなラインナップになり刺繍や型押しの模様入りのものまで出てくると、入学準備にも大きな時代の変化を感じました。その中から子どもに3つ欲しいものを選んでもらうと、

1.淡い紫色で刺繍入り
2.淡い水色で型押しの模様入り
3.淡い紫色と水色の2色構成のもの

とことん好きな色で決めたようでした。

ランドセルは、低学年と高学年で色の好みが変わり後で飽きると聞いたことがあります。お気に入りのキレイなパステルカラーを選んでも、将来「大人っぽい茶色が良かった。」と言い出しかねず、汚れや小傷も目立ちそうです。

実家の母に相談してみると、今時のランドセル事情について驚いておりました。ネットで調べると、ランドセルの男女別人気カラーのデータが載っており、女の子の場合は赤やピンクが半数以上を占めていました。

子どもの気に入った紫色は3割程度だったのです。「お母さんと同じ赤色にしない?6年生になっても好きな色でいられる?」と子どもに何度か確認してみました。ショッピングモールの入学準備コーナーでランドセルを試着してみると、やはり個人的には赤色が可愛らしく見えました。しかし夫の「紫色もいいね。」の一言により、ついに子どもの希望の色を購入することに決めました。ランドセルは勉強に使うものだから、刺繍や型押しなどの装飾が無いシンプルなものを選ぼうね、との約束付きです。

年長さんの1学期半ばを過ぎて、ついに「ふわりぃのmy friend」を買うことに決めました。老舗メーカーであること、障がいを持つお子さん向けにオーダーメイドランドセルを作っていること、未来へつなぐタイムレターの特典があることに、優しさを感じました。肩紐が付け根で調節される仕組みは、ランドセルの負担を減らせそうです。フックに掛けられる手提げハンドルは取り外しができて便利そうでした。

A4サイズのプリントも入り、写真で見る限りしっかりした作りのようです。思い切ってネットの早割を利用した所、しばらくして条件を満たしたランドセルが到着しました。箱を開けて菫色のランドセルを取り出した時、子どもは大喜びしました。

すぐにプレゼントの縫いぐるみをランドセルに入れて、ランドセルを背負い出しました。「大事に使う。」と決めたようで、寝る時は枕元に縫いぐるみとランドセルをきちんと揃えていました。

ランドセルが決着して、これから次の入学準備に取り掛かれると思うとホッとしました。入学準備から卒業まで毎日使うランドセル、色で大変悩みましたが、最終的に子どもの好きな色を選んで本当に良かったです。

この調子ならキレイな紫色のまま過ごせそうです。入学準備を意識してから1年以上かかったランドセル・プロジェクト、手間暇かけて選んで良かったと思います。

小学校の入学準備は何が必要?入学準備で勉強はさせておくべき?

入学準備で小学校に入る前からひらがなや数字などは覚えておくべきなのでしょうか?今やドリルなども入学準備号とか本屋さんて沢山並んでますし、小学校に入学する前の就学前の子供は親が家庭でひらがなの読み書きを教える必要があるのでしょうか?

はっきり言って、入学前からひらがなが読める書ける子供は沢山います。子どもが興味を持って、どんどん覚えてくれるなら嬉しいのですが、覚える気がない、興味が全くない・・・などで家庭で教えるのはストレスしかなく、無理やりに教えていたり、子供を叱りながら教えていたり・・・なんてことはしてませんか?

その場合はもしかして逆効果になることもありますよね。今はインターネットやゲーム感覚て覚えるアプリす玩具などもあって、教育の教材も昔とは様変わりしています。子どもに小さいうちからスマホやタブレット、ましてやTVゲームなんて!って思う人もいると思います。家庭で何が必要なのか判断するのは個々の家庭です。

だけど、嫌なことも強制してまでひらがなや数字は教えなくて良いと私は思います。

日本人なら字が書けない子どもは今はいないと思います。字が書けないことよりも、入学してから心配なことが出てくるかもしれませんよ。

入学準備で字が書けた方が良い!とは思います。だけど、それよりも必要なことがあるまもしれません。それは、席にちゃんと座ってられるか?人の話が聞けるか?整理整頓ができるか?忘れ物をしないか?・・・日常の生活の基本がきちんとしていることが一番大事なように思います。

勉強できなくても大丈夫!子供は無限の可能性を秘めている

もしかして、あなたは的外れな入学準備で悪戦苦闘していませんか?

子どもは無限の可能性を秘めています。子どもの個性を尊重していますか?できることを褒めるより、できないことを叱っていませんか?

入学準備とは親から離れて生活していく前段階をサポートしてあげるべきなのかな?
と私は思います。自分で手を洗う、歯を磨く、靴をそろえる、かたずける・・・字が書けても、そんな基本的なことが出来ないお子さんが大変多い気がします。

そして、自分中心ではなく皆と行動を共にする為に人をおおもいやる心や優しさ、困っていたら助けてあげられる。集団生活で大切なことを少しでも伝えてあげてほしいなと思います。

だからひらがな・数字が書けなくても勉強は小学生になってからでも大丈夫!!自身持って学校に通えるように・・・そして楽しい小学校生活がおくれるように切に願います。

ランドセルの色が多すぎる!どの色を選べば良いのかわからない…

今は、入学準備品となればランドセルは絶対に外せないアイテム!!ランドセルを持ってない子どもはいませんよね?

その為か?今は色とりどり、ピンキリって言っていい程の種類や色が沢山ありますね。
私が子どもの頃は、男の子は黒、女の子は赤が基本でした。

まれに。ピンクなんてオシャレちゃんもクラスで1人、いや全校生徒の中に1人?そんな究極に変わったおしゃれな子どもは逆に目立ってしまうぐらい私たちの時代は右に習え、みんなと同じが良いと横並び主義でした。

平成では「世界にひとつだけの花」なんて歌がブームになりましたが私たちの時代は、テストの点で全てが決まる!結果が全てでした。何かが出来て何がが出来ないけど、その中で咲いた花はそれぞれ違った花なんて評価されませんでした。

入学準備で選ぶランドセルは今は色んなカラーやデザイン豊富で、みんな違ってそれぞれで、なんか良いな~って思います。

時代錯誤の逆パターン!!

だけど、値段を見たらビックリしました!5万円代のランドセルは普通の領域です
上は10万円なんてビックリ価格もあります。本革制なのかな?だけど子どもに本革の良さなんてわかるのでしょうか?使えば使うほどのあじ?小学生でわかるのでしょうか?

入学準備のランドセル私は、丈夫で6年間を壊れることなく、そして飽きることなく愛着を持って使ってくれるか?そして耐久性も必要なのですが、その中で軽いものが良いと思います。

小学校になるとランドセルは教科書をたくさん入れて毎日通学します。今は子どもの成長の負担になるとランドセルの荷物が見直され「置き勉」と言われ教科書も学校に置いて帰る学校も増えつつあるようですが、まだまだ昔のなごりはあって、心配なお子さんは授業のない教科でも毎日同じように教科書も何冊もランドセルの入れて学校に通ってます。

入学準備のランドセル、値段が良いのは良いランドセルなのでしょうか?

子どもさんが気に入れば愛着を持って6年間使ってくれると思います。ただ、値段が高すぎて傷でもつけてしまったら!!カバーをついけて大事に使っている人もいますねーだけど、子どもは乱暴です!

私は、小学生の時はランドセルを丁寧に使っている子の方が少なかったです。放り投げて遊びに行ってしまうような、そんな場面しか目にしてません!

今の子どもは違うのかな?入学準備でランドセルはどんなの選べば本当に良いのでしょうか?本当にランドセルは必要なのでしょうか?重い荷物を背負うことは子どもに良いことなのでしょうか?

男のなのに赤いランドセル?入学準備で翻弄した思い出

四月から次男が小学校に入学する我が家。

入学準備も2回目ともなれば慣れたもの…と思いきや、現実は違いました。

上の子が入学してから5年が経ちますが、この5年の間に入学準備の始まりはとても早まっていたのです。次男が年長に進級したばかりの四月。

幼稚園から持ってきたお便りの中には、既にランドセルのカタログが入ってきました。周りのママさん達の中には、既にランドセル購入に向けて動いている人もいました。特に女の子がいるママさんは、入学準備に動き出すのが早いみたいですね。

男の子に比べて女の子のランドセルは色のバリエーションも豊富だし、刺繍されているものも、ハートだったりリボンだったり星だったり。更には、金具部分の形もシンプルなものから凝ったものまで、親でさえ目移りしそうなほどです。

しかし、我が家は男の子だし、カラーバリエーションもそんなに多くないから大丈夫だろうとたかを括って、周りよりもかなり遅く入学準備を始めたせいか、冬前にランドセル売り場を見に行ったら売り切れが続出でした。

少なくて楽だろうと思っていた選択肢は、少なすぎて逆に選ぶのが難しくなっていたのです。そんな中、我が息子は迷うことなく赤いランドセルを選んでいました。

あるんです。
男の子用にも赤いのが。

メタリックな赤だったり、少し黒みががった赤だったりと、女の子用ほどラブリーな感じはしない赤。

一昔前ならば、男の子赤いランドセルなんて…となりそうですが、戦隊ヒーローでは赤は必ず男だし、ほぼ主役みたいな役どころ。

そう考えると、男の子で赤を選ぶ子がいるだろうことは想像できます。

しかし、我が家があるのはちょっと歩けばすぐ畑というど田舎なので、男の子で赤いランドセルというのは、かなり目立つことが想像できます。

親として子どもの希望は叶えてあげたいけれど、6年間という長い年月の中で、赤いランドセルが嫌になってしまう姿もなんとなく想像できてしまいます。

男のなのに赤いランドセルってどうなのかを主人と相談した

『今、小学校5年生の長男が赤いランドセルを背負っていたらどう思うか』

と聞いてみたところ

『おっかしー!笑』

と息子は笑って言いました。

そこで、自分が大きくなった時もそう思うのではないか?というような話をして、息子も自分なりに想像したり考えたりしたらしく、結局は紺色のランドセルに決めました。

入学準備第一弾から、どうなることかとハラハラしましたがなんとか第一関門は突破しました。

でも、まだまだ先は長いです。

入学準備で一番大変なのは、袋作り年が明けて1ヶ月ほど過ぎると、学校から1日入学の案内が届きました。その1日入学の時に説明されるのが袋類のことです。幼稚園に入る時も、運動着袋やらお着替え袋やら何かと袋を作りました。それを再びやるのかと思うと少々気が滅入ります。

小学校入学準備で作るものは

  • 運動着袋
  • 給食着袋
  • お道具袋
  • 歯ブラシとコップ用袋
  • 給食時に使うランチマット

これくらいでしょうか。

幼稚園入園時の時に比べれば少ないような気もしますが、私のように家庭科が苦手でミシンも苦手な人種にしてみれば、入学準備を進める中で一番の難関といえます。

幼稚園時代に使っていたものをそのまま使えば良いのでは?という考えも浮かんできますが、これが意外と落とし穴です。幼稚園時代に作ったものは、幼稚園時代の運動着のサイズに合わせて作っています。

ところが、小学校は6年間あるので、幼稚園時代に作ったものをそのまま使うと、大きい運動着などが入らずパンパンに、もしくは小学校中学年を過ぎたあたりで作り直しをしなければならないなんてことになります。

なので、どっちみちいつか作らなければいけない物なら、入学準備の時にまとめてやってしまった方が良いかと思われます。

そして、袋類を作るにあたって譲れないのが布選びです。

さっきも言ったように、子どもが成長していく途中で作り直すのは面倒なので、シーズンが終わったら新しいものに変わってしまうヒーロー物は避けたい所だし、年齢が上がると共に興味が薄れていくキャラクターものも避けたほうが無難かなという気がします。

入学準備中の子どもはまだ幼稚園児や保育園児なのど、ヒーロー物やキャラクター物に目がいってしまうのは仕方がないんですけどね。

でも、そんな子どもも、6年生くらいになったらキャラクター物よりもスポーツブランドのロゴマークの方を選んだりするようになるんです。

だから、最初から少し大人っぽい柄やシンプルな柄の布を選ぶと、子どもが中学年や高学年になっても嫌がらずに使ってもらえるのではないかと思います。

布選びに子どもと行ってしまうと、キャラクターに引っ張られてしまうので、布を選びにいくときは1人で行ったほうが無難かもしれません。

1日入学が終わると、入学まで2ヶ月ほどしかありません。入学準備は他にも購入品全てに名前を書いたりといった時間も集中力も必要なことがあるので、少しずつでも計画的に進めないといけないですね。

上の子の時は計画的には進まず、前日まで運動着に名前を書いていました笑