男のなのに赤いランドセル?入学準備で翻弄した思い出

四月から次男が小学校に入学する我が家。

入学準備も2回目ともなれば慣れたもの…と思いきや、現実は違いました。

上の子が入学してから5年が経ちますが、この5年の間に入学準備の始まりはとても早まっていたのです。次男が年長に進級したばかりの四月。

幼稚園から持ってきたお便りの中には、既にランドセルのカタログが入ってきました。周りのママさん達の中には、既にランドセル購入に向けて動いている人もいました。特に女の子がいるママさんは、入学準備に動き出すのが早いみたいですね。

男の子に比べて女の子のランドセルは色のバリエーションも豊富だし、刺繍されているものも、ハートだったりリボンだったり星だったり。更には、金具部分の形もシンプルなものから凝ったものまで、親でさえ目移りしそうなほどです。

しかし、我が家は男の子だし、カラーバリエーションもそんなに多くないから大丈夫だろうとたかを括って、周りよりもかなり遅く入学準備を始めたせいか、冬前にランドセル売り場を見に行ったら売り切れが続出でした。

少なくて楽だろうと思っていた選択肢は、少なすぎて逆に選ぶのが難しくなっていたのです。そんな中、我が息子は迷うことなく赤いランドセルを選んでいました。

あるんです。
男の子用にも赤いのが。

メタリックな赤だったり、少し黒みががった赤だったりと、女の子用ほどラブリーな感じはしない赤。

一昔前ならば、男の子赤いランドセルなんて…となりそうですが、戦隊ヒーローでは赤は必ず男だし、ほぼ主役みたいな役どころ。

そう考えると、男の子で赤を選ぶ子がいるだろうことは想像できます。

しかし、我が家があるのはちょっと歩けばすぐ畑というど田舎なので、男の子で赤いランドセルというのは、かなり目立つことが想像できます。

親として子どもの希望は叶えてあげたいけれど、6年間という長い年月の中で、赤いランドセルが嫌になってしまう姿もなんとなく想像できてしまいます。

男のなのに赤いランドセルってどうなのかを主人と相談した

『今、小学校5年生の長男が赤いランドセルを背負っていたらどう思うか』

と聞いてみたところ

『おっかしー!笑』

と息子は笑って言いました。

そこで、自分が大きくなった時もそう思うのではないか?というような話をして、息子も自分なりに想像したり考えたりしたらしく、結局は紺色のランドセルに決めました。

入学準備第一弾から、どうなることかとハラハラしましたがなんとか第一関門は突破しました。

でも、まだまだ先は長いです。

入学準備で一番大変なのは、袋作り年が明けて1ヶ月ほど過ぎると、学校から1日入学の案内が届きました。その1日入学の時に説明されるのが袋類のことです。幼稚園に入る時も、運動着袋やらお着替え袋やら何かと袋を作りました。それを再びやるのかと思うと少々気が滅入ります。

小学校入学準備で作るものは

  • 運動着袋
  • 給食着袋
  • お道具袋
  • 歯ブラシとコップ用袋
  • 給食時に使うランチマット

これくらいでしょうか。

幼稚園入園時の時に比べれば少ないような気もしますが、私のように家庭科が苦手でミシンも苦手な人種にしてみれば、入学準備を進める中で一番の難関といえます。

幼稚園時代に使っていたものをそのまま使えば良いのでは?という考えも浮かんできますが、これが意外と落とし穴です。幼稚園時代に作ったものは、幼稚園時代の運動着のサイズに合わせて作っています。

ところが、小学校は6年間あるので、幼稚園時代に作ったものをそのまま使うと、大きい運動着などが入らずパンパンに、もしくは小学校中学年を過ぎたあたりで作り直しをしなければならないなんてことになります。

なので、どっちみちいつか作らなければいけない物なら、入学準備の時にまとめてやってしまった方が良いかと思われます。

そして、袋類を作るにあたって譲れないのが布選びです。

さっきも言ったように、子どもが成長していく途中で作り直すのは面倒なので、シーズンが終わったら新しいものに変わってしまうヒーロー物は避けたい所だし、年齢が上がると共に興味が薄れていくキャラクターものも避けたほうが無難かなという気がします。

入学準備中の子どもはまだ幼稚園児や保育園児なのど、ヒーロー物やキャラクター物に目がいってしまうのは仕方がないんですけどね。

でも、そんな子どもも、6年生くらいになったらキャラクター物よりもスポーツブランドのロゴマークの方を選んだりするようになるんです。

だから、最初から少し大人っぽい柄やシンプルな柄の布を選ぶと、子どもが中学年や高学年になっても嫌がらずに使ってもらえるのではないかと思います。

布選びに子どもと行ってしまうと、キャラクターに引っ張られてしまうので、布を選びにいくときは1人で行ったほうが無難かもしれません。

1日入学が終わると、入学まで2ヶ月ほどしかありません。入学準備は他にも購入品全てに名前を書いたりといった時間も集中力も必要なことがあるので、少しずつでも計画的に進めないといけないですね。

上の子の時は計画的には進まず、前日まで運動着に名前を書いていました笑

ディスカッションに参加

1件のコメント

  1. こんにちは、これはコメントです。
    コメントの承認、編集、削除を始めるにはダッシュボードの「コメント画面」にアクセスしてください。
    コメントのアバターは「Gravatar」から取得されます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です